2人目育児1ヶ月。

次男が誕生して1ヶ月が経ちました。
出生時2462gと小さかった赤ん坊も、母乳のみですくすく育ち、今は3600gくらい。
ここ最近、グッと飲む量が増え、体重の伸びが良いので、
連休明けの1ヶ月健診には4000gに達しているかもしれません。

2人目の赤ん坊の子育ては、1人目と比べて本当にストレスフリー。
1人目はほとんど「エンドレス授乳」で、数ヶ月間は睡眠不足、しんどかった記憶しかないのですが、
2人目はしっかり寝てくれるし、ご機嫌よく起きている時間もちゃんとあるし、で、私としては超お気楽。
といっても、もちろん2〜3時間で泣いておっぱいだし、
やっていることは1人目とたいして変わらないのかもしれません。
それなのにこんなにストレスフリーなのは、
一人目を育てた経験からくる度胸(?)が私の中で育っていること
(基本、赤ちゃんなんて『おっぱい飲んで、ねんねしてー』を繰り返していればすくすく育ってくれるし、
多少泣いていても、家事とか、グダグダな長男の相手がひと段落するまでは、平気で泣かせておける。
それより何倍も、成長著しい長男の相手の方が大変。長男が園に行っている間のなんと穏やかなことよ)、
そして何よりも、「孤独ではないこと」が理由だと思います。

「おめでとう!」と長男の保育園バッグにプレゼントを入れてくれたり、
「早く園で会いたいわー」と手紙をくれたりする保育園のお母さんたちや、
私が最近ちょっと深く関わらせてもらっている、
共同自主保育グループ「ジャングルようちえん」のお母さんたちなど、
「私には子育てを頑張るお母さんたちの仲間が居るんだ」という安心感が、私の中にしっかりある。
これは、引っ越したばかりで育児の仲間が全くいなかった長男の時とは全然違います。

みんな、本当にありがとう。

最近、(関わるのは大変なんだけど)自分の世界がどんどん広がっていく長男の成長を
もっと近くで見ていたかったり、
2人目の育児が楽しいというのもあって、保育園に預けず
ジャングルようちえん」に通いたい!と思ったりしています。
「ジャングルようちえん」のお母さんたちの輪の中、
つながりの中にもっと入っていきたいし(今はやっぱり遠慮がある・・・)、
家族みたいなジャングルのつながりが心底羨ましい。

でも、仕事を断念するのももったいないし、
という以前に、実は通わせたい小学校があって、そのための教育資金が必要だったり、
マイホームを2年以内に買おうと着々と準備を進めていたりしていて、
主人と一緒に老後を含めた貯蓄計画や働き方を検討した結果、
やはり私はずっと働いていた方がいい、という結論に(いちおう)達しているので、
ジャングルようちえんはあきらめるかなあ・・・うーん、悩ましい。けど、仕方ない。

でも、とにかく、育児は楽しい。

つらさや大変さばかり感じていた育児が、
2人目を産んだことでこんなに変わるなんて、思ってもいませんでした。

2人を産ませてくれた主人に感謝。
産まれてきてくれた2人の息子に感謝。

みんな、本当に、ありがとう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>